いつも当ブログを読んでくださり、ありがとうございます。

こちらは通常のスパイス関連記事と違い、私が仕事の一部として書いてきた
毎月の新月・満月の星詠み記事のサンプルです。

eidy-bambang-sunaryo-517370-unsplash


スピリチュアル関係に詳しい方は、
「新月に願い事をすると願いが叶う」という話を聞いたことがあるかもしれません。

古来より私たちのご先祖様は、月と太陽が重なる新月に神聖な意味合いを感じていました。

占星術で月は人の感受性や心を司り、太陽が外側から見たその人を表すのに対し
月は人の内面や基本的気質・土台を表します。

また、これから満月に向けエネルギーを蓄えていく新月は、新しい物事のはじまりに最適と言われ、
毎月の新月・満月が起こる星座により、運気の流れ・適した行動が違うと言われています。


仕事として新月・満月について学び、記事を書いていくうちに、
月は10天体の中でも個人的な部分を扱うのに長けていることや、
天体の中で一番動きが早いため、その時その時の無意識的な流れを掴むのに
最適であることを知りました。

しかし宇宙には10天体もの惑星があり、それぞれに意味があります。
そして時に月に大きな影響を及ぼす角度をとります。

そこで新月・満月の起こる星座の特徴だけを詠むのではなく、
新月・満月の起こるハウスや度数の意味や、その時の月に影響する惑星の意味などを学んでいくと、
月を中心とした星詠みはとても豊かに、私たちの心情や生活、時に運命を切り開く可能性を教えてくれることに気づきました。

ぜひ皆さまにも、通常の太陽星座だけではない星詠みを知っていただきたい・・・
そんな思いが心の奥底にあることに気付き、この度サンプル記事として
夢サロメンバー様限定で公開させていただきます。


「毎月の星占いが、いまいち当たってないように思える」
「通常の西洋占星術をみても、毎回違和感を感じる」

そんな方は、もしかしたら月の影響を多大に受ける星のもとに生まれたのかもしれません。


新月・満月の影響は通常半月、次の満月・新月までのことが多いのですが、
日食・月食を伴ったり他の惑星との関係性により、もう少し長引くこともあります。

また、私の書く月の星詠みは全体的な流れを書き留めたものなので、
読んでいてピン!ときたワードがあれば、ぜひご自身のインスピレーションを大切に
読み進めてみてください。


最後にこの記事を公開することを許可していただいたmintoさんや
こういった記事を書くことを勧めてくれた夢サロのメンバー様に
たくさんの感謝と幸運を、お祈りします。






これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。