この時期の旬の食材「ブロッコリー」

昨日「ブロッコリーと玉子のサラダ」で紹介しましたが、旬は11月~3月。
春らしい見た目とは裏腹に、冬の健康を守るお野菜なのですね。
今日はそんなブロッコリーについて、栄養や保存方法をご紹介します。


ブロッコリーの栄養



DSC_0029

アブラナ科に属し、野生のキャベツから分化したお野菜です。
キャベツは胃腸に効果がある野菜として知られていますが、ブロッコリーも同じ効果が期待できます★

そのビタミンは【ビタミンU】
ビタミンUを豊富に含み、胃の粘膜の新陳代謝を促してくれます。

風邪で胃にきた時や二日酔いが胃にきた時には、柔らかく茹でて積極的に摂りたい食品ですね。

またブロッコリーはビタミンA・C・Eなども豊富に含みます。
これらは 動脈硬化予防や美肌・アンチエイジング・風邪予防・疲労回復にも
効果があるといわれています。

他にもアブラナ科の野菜に含まれる、イソナオシアネートという成分の作用で
肝臓における有害物質の無毒化を助ける効果が期待できますので
高いデトックス効果がある野菜として、ダイエット中の女性やご年配の方に人気の野菜です。


ブロッコリーの選び方・保存方法



DSC_0594


ブロッコリーは全体にこんもりと丸く、房の先についている花蕾部分が
固くしまっているもの
を選びましょう。

全体的に隙間が空いているものや、茎の瑞々しさが失われているもの
切り口が変色しているものや、茎に空洞がみられるものはよくありません。

時間がたつと黄色い花が咲いてしまうのでラップやビニール袋に包んで
冷蔵庫の野菜室で保存し早めに使いきりましょう。


また、たくさん買ってしまった時は、固めに茹でて水気を切り冷蔵庫保存がおすすめです。

ブロッコリーを半分か1/4くらいの大きさに切り分けておきます。
鍋にお湯を沸かし、塩を加え、1分ほどしたらザルにあげ、流水にさらさず
このまま水を切りながら冷まします。

まだ硬いかなと思うくらいが、使う時のことを考えるとちょうどいい茹で加減です。
大きな塊のまま茹でることで、全体的に均等に茹でることが出来ますし
栄養分も逃げにくくなります。

下茹でした状態で、冷蔵庫で3・4日ほど保存できますが、出来るだけ早く使いきりましょう
保存するとき、下に水分がたまってしまうとそこから傷んできてしまうので
下がすのこ状になっているタッパーだと良いですね。



しかしそれでも使いきれなさそうなときは、下茹でしたカリフラワーを食べやすい大きさに切り
ジップロックなどの冷凍保存可能な袋に入れ、冷凍します。

使うときは冷凍のまま使うか、炒め物など加熱時間が短い場合は
前日から冷蔵庫解凍しておくと良いと思います。
冷凍保存ですと、1ヶ月は保存可能です。

DSC_0680


茹でたブロッコリーはサラダ・炒め物・パスタ・ピザのトッピングなど
こまめにいろいろな料理に使いましょう。
細かく切ってコンキリエやオレキエッテ、ニョッキと一緒にソースと絡めると
下茹でも要らず楽です♪

イタリア料理ではオレキエッテとにんにく・鷹の爪・ブロッコリーで炒めたオイル系のパスタが有名ですよね。
オレキエッテの穴の部分に細かく切ったブロッコリーが絡んでとってもおいしいんです!

ただしイタリア料理では、結構ぐにゃぐにゃになるまでブロッコリーを炒めてしまうのですが
私は固めのほうがすきなので、主に家で食べます。

ベーコンやアンチョビ、ドライトマトなどをプラスして気分を変えて楽しみましょう♪





遠くにお住いのご両親や単身赴任のお父さんの食事が気になるけど
忙しくてなかなか顔も出せない・・・

毎日お弁当じゃあ味気ないし、飽きてしまうし・・・
でも1日の中で、せめて1食だけは、栄養バランスの取れた簡単に調理できるご飯を食べてほしい。

そんな心遣いを叶えるのが、わんまいるの旬の手作りおかずセット「健幸ディナー」です!



1食ずつ冷凍パックになっているから安心で衛生的♪
国産野菜・海の幸にこだわり、関西老舗総菜専門店から選りすぐりのお惣菜をお届け。

もちろんカロリー・塩分量・栄養バランスは管理栄養士さんがしっかり監修。
簡単でおいしく健康を叶えられるので、働くパパ・ママに支持され
日経DUAL食材宅配ランキングで、2016年に1位を獲得しています!

他の宅配食との違いは、ご当地グルメの宅配もお願いできるところでしょうか
健康も大切だけれど、やっぱり食事は食べる楽しみも欲しいところですよね!



お試しセットもあります。是非チェックしてみてくださいね!